2012年09月20日

ホームページをリニューアルしました。



120920_01-450.jpg

かれこれ数年以上前、自分で試行錯誤しながら作ったHPでしたが、
自分たちのやりたいことやWEBを通して伝えたいこともはっきりしてきたので、
リニューアルしました。
http://www.mambo-aa.jp/ (アドレスは同じです)

ブログも、今後は下記にて更新していきます。
http://www.mambo-aa.jp/blog/

新しいHPでは、形をつくる時に私たちが考えていることや仕事の進め方、
そしてまんぼうとして活動してきたことを振り返り、カテゴリ分けして整理しました。


いつも考えていることは、「まんぼうが大事にしている5つのこと」としてまとめましたが、
その中心でぶれずにいたいことは、「住まう人にとって最良の住宅となること」です。


自分にとっての最良とは何か、こだわりたいことは何か、何が条件か、など、
家づくりで大切にしたいキーワードを見つけるきっかけとなればと思っていますので、
まずはいろんなところを見てみてください。


その上で、私たちと一緒に家づくりを楽しんでもらえれば最高だと考えています。


また、今回のリニューアルに際し、やりたいことだらけの要望を根気よく整理し、
時には厳しくまとめ、すべてを形にしてくださったあまのゆうこさん、ありがとうございます。
家づくりの際の施主とまんぼうの関係もこうありたい、と改めて思う楽しい時間でした。


皆様、今後ともまんぼうをよろしくお願いいたします。

posted by いちじょう at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まんぼう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

お気に入りと緑に囲まれる家・中野M その2

少し間が空きましたが、今日は中野Mのキッチン廻りを紹介します。

120914_01_450.jpg

この家では、その1でも書いたように、いつも一緒のLDKで、広くて天井の高い大空間、
というのではなく、あえて、リビングと、ダイニングキッチンを分けています。

少し見え隠れするこの2つの場所は中庭を挟むL字の長辺と短辺にあり、
リビングは中庭に向かって足を垂らして座れるレベルですが、
ダイニング側は中庭のレベルに近づけることで、中庭を取り込む場所となっています。

写真のキッチンは、ブロックにSUSシンクを一体溶接した天板を載せただけの
シンプルな作りですが、ガスレンジやオーブン、水栓などの長く使いたい設備機器や、
キッチン前のうろこタイルやツールをかけるためのSUSバーなど、
一緒に料理を楽しむご夫妻にとっての使い勝手と印象を大事にしています。

また、L字のカウンターの先とその背面には冷蔵庫も収納する食品庫があり、
緑の壁は合板下地に施主自ら塗装をした黒板壁と、
お気に入りの場所をラクに維持できる工夫と楽しめる場所を作っています。

120914_02_450.jpg

それと、この家で大きなテーマだったのは、素材を引き継ぐこと。

お祖父様が長く住まわれていた家の風情や素材には愛着があり、
何かをどこかに使いたい、との話からスタートした家づくりでしたが、
前の家の木の壁を、キッチン周りの収納の扉に作り替え、庭の緑を引き継ぐことで、
新しいけどピカピカすぎない、中庭からの風を通りこむ穏やかな場所になりました。

posted by いちじょう at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 素材を引き継ぐおうちカフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

地鎮祭を行いました。横浜S

暑さが戻って来たような好天の中、昨日は横浜Sの地鎮祭を行いました。

120913_01_450.jpg

よう壁に囲まれ、1mほど上がっている入り口は少し滑りやすくなっていたのですが、
監督さんが事前に階段を形成してくださってました。
ちょっとしたことですが、こういう心遣いはうれしいものです。

120913_02_450.jpg

地鎮祭について、詳しくは「地鎮祭を行いました。中野M」で書きましたが、
工事を始める前に、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建物が何事もなく
永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

その、神様にお伝えする名前などの情報が間違ってしまっては大変ですので、
地鎮祭を始める前に、建て主の名前、住所、設計者、施工者など、写真のように、
確認してから行います。

日当たりに恵まれた環境のこの敷地には、1階に家族の中心となるリビングがあり、
屋根の上には太陽光パネルが乗る予定です。

現場の様子など、またお知らせしていきますので、どうぞお楽しみに。
タグ:地鎮祭
posted by いちじょう at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫と子供と暮らす家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

高尾山に登ってきました。

日曜日は息子の保育園友達と一緒に、高尾山に登ってきました。

120903_02_450.jpg

半月ほど前から計画していたというのに、早起きしてみたら期待を裏切る雨で、
一度は中止としたものの、子供たち以上に楽しみにしていた親が諦めきれず、
「降ったら降った時に考えよう!」とのことで、行ってきました。

行ってみたら、普段の行いなのか、雨男と晴れ女の戦いなのか、
ケーブルカーのところの激しすぎる雨以外はほとんど雨に合わず、
誰が先に登るとか小さな喧嘩を繰り返しながらも、無事皆で山頂まで登り、
美味しいかき氷を食べて帰ってきました。

今回は、比較的歩きやすい(けど階段の多い)1号路で登り、
下りはつり橋のある山道の3号路で降りてきましたが、
次回は別の道や山にもチャレンジしてみたいと思います。
posted by いちじょう at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

お気に入りと緑に囲まれる家・中野M その1

去年の5月に完成した、緑とお気に入りに囲まれるおうちカフェ、「中野M」を紹介します。

120828_450.jpg

住宅地の中の少し奥まったところに建つ、夫婦2人の時間がゆったりと流れる住まいです。

一番最初に事務所に相談に来られた時に、中庭や土間キッチンへお憧れや、
「緑と好きなものに囲まれてお気に入りのカフェのような家で過ごしたい」と話される
ご夫妻の、なんともゆったりとした空気感がとても印象的で、
じっくりと家づくりをしたいとの思いから、設計に1年をかけて丁寧に作った住宅です。

この家では、夫妻が背伸びすることなく、普段どおりの姿でのんびりと暮らし、
いつも一緒の大空間ではなく、それぞれの場所をきちんと作りたい、とのことから、
中庭を囲み、ダイニングキッチンと少し高くなったリビングをL字に配置しています。

また、その間にはご主人の趣味である本格的なオーディオルームを配置し、
庭を通して互いが見え隠れすることで、いろんシーンができる住宅となっています。

お祖父様の家からの建て替えでもあったこの家では、ダイナミックな空間を作るのではなく、
庭に立派に咲いていたアジサイや、洋間に使われていた木の壁やテーブルなど、
思い出や、そのいろんなものの持つ空気感も大切に引き継いでいます。

いろんな緑を楽しむための場所や仕掛けなど、次回以降で紹介していきたいと思います。

posted by いちじょう at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑に囲まれる家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

模型に仕上げをつけています。江東F

明日の打ち合わせに向けて、模型をつくっています。

120824_02.jpg

というか、これまでに作っていた模型に、仕上げを追加しています。

設計では、ただ色や仕上げを変えるのではなく、閉じる部屋の外側には木を貼る、
など、プランニングのルールに則って仕上げを切り替えているのですが、
その効果はなかなか図面だけでは伝わりにくいので、模型に表現をつけてみています。

作り始めたら模型の修正箇所を見つけたりと、ちょっと時間がかかりましたが、
なんとか自然光で確認できる時間に完了。。

最終的な色味は現場で確認しますが、この段階での色味の印象も大切にしています。

posted by いちじょう at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 川面の見える家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

共に育つ家・川崎K その5

先日より紹介している川崎Kについて、今日はファミリークローゼットについて紹介します。

120807_02.jpg

この住宅では、2階にLDKを中心とした家族が一緒に過ごすための場所を設け、1階は奥に抜けるホールの両側に、水廻りや主寝室と、ファミリークローゼットを作っています。

ファミリークローゼットとは、家族全員分の衣類をまとめる収納で、この家では、入口1つにつき両側に1人1間分ずつのウォークインクローゼット×2で4人分、間口で4間分の衣類収納を用意しています。

もちろん、クローゼットをそれぞれの個室に配置する場合もありますが、この家では日々片づける奥様の家事効率と、リビングに片づけ前の衣類が溜まってしまうのを防ぐための工夫として、水廻りの近くにまとめました。

その他にも、1階では階段下を利用してコート類をかけるクロークも設け、できるだけ上階で必要のないものは持ち込まない生活を実現しています。

また、洗面を脱衣を分離してファミリークローゼットと繋がる広めのホールにつくり、朝などの支度動線が重ならないようになっています。

細かなことですが、動線や収納を整理して散らかりにくい生活や家事に時間のかからない生活をつくり、メインテーマの、家族で過ごす時間をより増やす住まいをつくっています。

以上にて川崎Kの紹介は終わりますが、この家についてまとめたリーフレットもありますので、ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。

次回は、「お気に入りのものに囲まれる自分たちだけのカフェ空間・中野M」の予定です。
posted by いちじょう at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 共に育つ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

今年もリフレッシュしてきました。

昨日から仕事に戻ってますが、お盆は山梨にキャンプに行ってきました。

120815_02.jpg

お天気が怪しい中の決行でしたが、結局雨に降られたのは夜だけで、
今年は鉄鍋フライパンのスキレットでローストチキンを作ってみたり、
トンボカマキリ殿様バッタにハサミ虫と、いろんな虫を探してたくさん歩いてきました。

ここ数年、ほぼ毎年行っているキャンプ場の上には瑞牆(みずがき)山があり、
トレッキングも楽しむことができるのですが、まだまだそこまでは足を延ばせず。

120815_03.jpg

いつかはチャレンジしてみたいなと、夢だけは大きく広がるのですが、
もうしばらくは林間でゆっくり楽しみたいと思います。 
posted by いちじょう at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

夏季休業のお知らせ



120808_03.jpg

まんぼうは、8/11(土)〜8/15(水)まで、夏季休業とさせていただきます。

連絡は取れる予定ですが、返事は遅れると思います。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

※写真は去年の夏休みに追いかけたトンボです。
posted by いちじょう at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | まんぼう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

川崎K・共に育つ家 その4

先日より紹介している川崎Kについて、今日は子供のためのスペースを紹介します。

120807_03.jpg

この家の子供スペース、リビングを挟んだキッチン向かいのプレイコーナーは4帖です。
(写真左側がプレイコーナー、右側はご主人のワークスペースです)

当初は仕切りを設けず、リビング繋がりの遊び場として使いますが、
将来はここを2つに分けて、1人当たり2帖の子供部屋になる予定です。

え?2帖?、と思われるかもしれませんが、普段はリビングやダイニングで家族と過ごし、集中したい時だけこもる勉強部屋であれば、2帖はちょうど良い大きさだと考えています。

それに2帖ですべてを収めるのではなく、その時は上のロフトを寝室として使いますので、2帖+ロフト3帖=5帖の上と下で、モノと過ごし方など、場所を分けることもできます。

また、この家では1階の水廻り近くに家族全員の衣類をまとめたファミリークローゼットがあり、この階には衣類収納は必要なく、自分の場所として使える床が5帖、となる予定なのです。

120807_01.jpg

上の写真はロフトには、それぞれの場所から上がれるように2箇所の開口ありますが、当初はそんなに使わないですし、穴が開いたままでは危ないので、フタをしています。


と、いろいろ想定して設計していますが、実際分けて使うのはまだずいぶん先でしょうし、分けたとしても、その状態が必要な期間はそんなに長くないかもしれない。
それに、もしかしたら分けることはないのかもしれない、とも思います。

もちろん、家を建てる時には将来のライフスタイルも想定して対応することを考えますが、できるだけ家族が一緒にいる時間を大事にしたい、というこちらのご家族では、その時々のスタイルによって、変化できる可能性は確保しつつも、あくまでベースとなる部分を作ることが大事なのでは、と考えて、このような形を提案しています。


上述のファミリークローゼットも、家族の時間を増やす提案の一つですが、
長くなりましたので、その話はまた次回に。
posted by いちじょう at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 共に育つ家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。